利用規約・免責事項(HighScoreLabo)

利用規約・免責事項(HighScoreLabo)

DemingLabo(以下「甲」という。)及び       (以下「乙」という。)とは、甲が乙に提供するサービスの利用条件や秘密情報の取扱いについて、以下の通りの規約(以下「本規約」という。)を締結した。なお、本規約の締結により、乙は甲との間で本規約を利用契約の内容とする合意をしたとみなされる。

第1条(適用)

本規約は,甲及び乙との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとする。

第2条(秘密情報)

本規約における「秘密情報」とは、甲が乙に開示し、かつ開示の際に秘密である旨を明示した技術上又は営業上の情報、本規約の存在及び内容その他一切の情報をいう。

第3条(秘密情報等の取扱い)

1 乙は、甲から開示を受けた秘密情報及び秘密情報を含む記録媒体もしくは物件(複写物及び複製物を含む。以下「秘密情報等」という。)の取扱いについて、次の各号に定める事項を遵守するものとする。

(1)乙は情報取扱管理者を定め、甲から開示された秘密情報等を、善良なる管理者としての注意義務をもって厳重に保管、管理する。

(2)乙は秘密情報等その他開示後の一切の情報は、本取引の目的以外には使用しないものとする。コミュニティ内やサービス内容について、コミュニティ外(口外、SNSなど)へ転記することを禁止する。

(3)乙が秘密情報等を複製する場合には、甲に対し事前の書面による承諾を必要とする。

(4)乙は漏洩、紛失、盗難、盗用等の事態が発生し、又はその恐れがある事を知った場合は、直ちにその旨を甲に書面をもって通知する。

(5)乙は秘密保持の為に必要な措置を講じる。

(6)乙は秘密保持の為に必要な措置について甲からの指示がある場合はこれに従う。

2 乙は、秘密情報等を乙以外の第三者に開示してはならない。

第4条(返還義務等)

1 本規約に基づき甲から開示を受けた秘密情報を含む記録媒体、物件及びその複製物(以下「記録媒体等」という。)は、不要となった場合又は甲の請求がある場合には、直ちに甲に返還するものとする。

2 前項に定める場合において、秘密情報が自己の記録媒体等に含まれているときは、当該秘密情報を消去すると共に、消去した事を証明できる記録(自己の記録媒体等に秘密情報が含まれていないときは、その旨)を甲に書面にて報告するものとする。

第5条(報告・調査等)

1 甲は、いつでも乙に対し、秘密情報・個人情報の保管、管理、使用の状況等について報告を求めることができ、乙はこれに協力する。

2 甲は、前項の報告によっては十分な確認ができないと判断した場合は、乙の同意を得て、その事業に支障をきたさない範囲において、乙の管理する営業所等に立ち入り、調査する事ができる。

3 甲は、前各項により管理体制が不十分であると判断した場合は、乙に対し合理的な範囲で改善を求めることができ、相手方は速やかに適切な処理を実施し、その結果を報告するものとする。

第6条(権利の帰属・著作権)

1 乙は、秘密情報に関するすべての権利が甲に帰属するものであり、開示に伴い相手方に対し権利の使用を許諾するものではない事を確認する。

2 乙は、秘密情報について発明考案等をなした場合、その権利は甲に帰属する。秘密情報に基づいて著作物を作成した場合の著作権についても同様とする。なお、乙は著作者人格権を行使しない。

3 本サービスを利用してコンテンツを投稿する乙は、甲に対し、当該コンテンツが第三者の権利を侵害するものでないことを保証する。 甲は、乙が投稿するコンテンツを、本サービスの円滑な提供、甲が運用するシステム構築、保守、メンテナンスに必要な範囲内で、使用及び改変することができるものとする。甲が提供する継続課金型のサービスについて乙が退会ないし継続課金の解除を行った場合、乙が当該サービスを利用する権利は、退会時に即時喪失するものとする。 本サービスによって提供されるコンテンツに関して、著作権者の許諾なしに転載・引用する行為を禁止する。

第7条(損害軽減措置)

乙は、秘密情報・個人情報の漏洩等を発見したときは、直ちに甲にその旨を通知し、それが自らの責めに帰すべき事由による場合は、相手方の損害を最小限にとどめるために必要な措置を講じるものとする。

第8条(損害賠償等)

乙は、本規約の規定に違反し、又は自己の責めに帰すべき事由により、秘密情報等の漏洩、滅失又は段損等の事故を発生させ、相手方及び第三者に損害を与えた場合は、故意、または重大な過失による債務不履行から直接的・間接的に生じた損害(弁護士費用・逸失利益を含む)を賠償する責を負わなければならない。

第9条(返還・破棄等)

乙は、甲から秘密情報・個人情報の返還・廃棄・消去等を求められた場合は、その複製物を含めて甲の指示に従い必要な措置を講じる。

第10条(有効期限)

1 本規約の有効期間は、規約締結日から起算し、満1年間とする。期間満了後の1か月前までに甲又は乙のいずれからも相手方に対する書面の通知がなければ、本規約は同一条件でさらに1年間延長するものとし、以後も同様とする。

2 前項に関わらず、本規約に定める義務は、契約終了後5年間は有効に存続するものとする。

第11条(協議事項)

本規約に定めのない事項について又は本規約に疑義が生じた場合は、協議の上解決する。

第12条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とする。 本サービスに関して紛争が生じた場合には,甲の在住地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とする。

第13条(規約の成立)

本規約は、当事者二者が記名押印又はこれに代わる電磁的処置を施した段階で成立する。甲及び乙は、本規約の内容を証するため、本規約書を作成し、双方にて記名押印又はこれに代わる電磁的処理を施した上保管する。

第14条(利用登録)

乙が甲の定める方法によって利用登録を申請し,甲がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとする。甲は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認せず,その理由については一切の開示義務を負わない。 (1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合。 (2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合。 (3)その他,甲が利用登録を相当でないと判断した場合。

第15条(利用料金および支払方法)

乙は,本サービス利用の対価として,甲が別途定め,乙に表示する利用料金を,甲が指定する方法により支払うものとする。また、会員資格の有効期間である規約署名日から1年間の満了日ないし直近の中小企業診断士第2次筆記試験の早い時期を基準日として、基準日よりも前に解約を行う際、2万円を解約手数料とする。また、乙は甲が指定した利用料金支払日に対して支払を遅滞した場合には,乙は年25%の割合による遅延損害金を支払うものとする。そして、いかなる理由でも利用料金の返金は不可とする。

第16条(解約方法)

本サービスの解約の際は、退会希望理由を併記の上、甲のメールアドレス(deminglabo@gmail.com)に連絡する。解約は1ヶ月前申告を厳守とする。当月中の退会の場合は、連絡があった当日よりすべての権利を失効する。また、第15条(利用料金および支払方法)の退会処理を忘れたことにより支払いが継続されていたとしても返金はされず、サービス利用有無に関わらず乙は当月分の支払いを行う。

第17条(禁止事項)

乙は,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはならない。(1)法令または公序良俗に違反する行為 (2)犯罪行為に関連する行為 (3)コミュニティ運営者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為 (4)甲のサービスの運営を妨害するおそれのある行為 (5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為 (6)他のユーザーに成りすます行為 (7)甲のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為 (8)宗教活動または宗教団体への勧誘行為 (9)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。 (10)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為。(11)本サービスが提供する秘密情報等を基に類似する事業を展開する行為。(12)本コミュニティメンバーを引き抜いて類似するコミュニティを展開する行為。(13)その他,甲が不適切と判断する行為。

第18条(本サービスの提供の停止等)

甲は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,乙に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとする。 (1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合。 (2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合。 (3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合。 (4)その他,甲が本サービスの提供が困難と判断した場合。 甲は,本サービスの提供の停止または中断により,乙または第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとする。

第19条(利用制限および登録抹消)

甲は,以下の場合には,事前の通知なく,乙に対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,または乙としての登録を抹消することができるものとする。 (1)本規約のいずれかの条項に違反した場合。(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合。(3)その他,甲が本サービスの利用を適当でないと判断した場合。甲は,本条に基づき甲が行った行為により乙に生じた損害について,一切の責任を負わない。

第20条(免責事項)

甲の債務不履行責任は,甲の故意または重過失によらない場合には免責されるものとする。甲は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,1か月分の利用金額の範囲までにおいてのみ賠償の責任を負うものとする。 甲は,本サービスに関して,乙と他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負わない。

第21条(サービス内容の変更等)

甲は,乙に通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによって乙に生じた損害について一切の責任を負わない。

第22条(利用規約の変更)

1 甲は以下の場合に、甲の裁量により利用規約を変更することができる。

(1)利用規約の変更が、乙の一般の利益に適合するとき。ただし、変更後の利用規約の効力発生日から1か月後までに乙から甲に連絡がない場合は、乙は一般の利益に適合したとみなされる。

(2)利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

2 甲は前項による利用規約の変更にあたり、変更後の利用規約の効力発生日の1か月前までに、変更後の利用規約の内容とその効力発生日を当社ウェブサイト(URL:https://www.deminglabo.com/terms_of_service-highscorelabo)に掲示する。

3 変更後の利用規約の効力発生日以降に乙が本サービスを利用したときは、乙は、利用規約の変更に同意したものとみなす。

第23条(通知または連絡)

乙と甲との間の通知または連絡は,甲の定める方法によって行うものとする。

第24条(権利義務の譲渡の禁止)

乙は,甲の書面による事前の承諾なく,利用規約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできない。

第25条(アカウントの不正利用)

アカウントの管理は乙自身が行わなければならない考えの下、乙のアカウントが不正利用された場合は乙の自己責任として、甲は一切の責任を負わない。

第26条(反社会的勢力との関係排除)

1.乙は、自らが「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定める暴力団およびその関係団体等(以下、まとめて「反社会的勢力」という)でないこと、過去において反社会的勢力でなかったこと、反社会的勢力と何ら関係がないこと、反社会的勢力を名乗るなどして自己の名誉・信用を毀損、もしくは業務の妨害や不当要求行為をなさないこと、および自己の主要な出資者または役職員が反社会的勢力の構成員でないことを保証する。

2.乙は、自らに前項に関する違反を発見した場合、甲に当該事実を報告するとともに、前項の趣旨に従い反社会的勢力と決別する等、反社会的勢力との関係排除を速やかに実現するものとする。

3.乙は、相手方が本条に違反したことにより損害を被った場合には、甲に対して損害賠償を請求することができる。

令和5年5月12日